PTOグループ

Just another WordPress site

首の小さいできものの正体とは

首まわりにできてしまう小さいできものに悩んでいる方は少なくありません。

首は人目に付きやすい部分である為、しっかりと対策をして綺麗にすることが大切ですが、
その為にはまず小さいできものの正体を知っておくことが必要です。
首の小さいできものはニキビであるとも考えられがちですが、
実際にはその正体はイボであることが多くなっています。

この首まわりのイボはウイルスが原因のものもありますが、
その大半が古い角質と脂肪による角質粒が原因となっているので、
対策の為には正しくスキンケアをすることが基本となります。
角質粒は古い角質が正しく排出されないことで発生してしまうものですが、
その原因は肌の代謝、つまりターンオーバーの乱れです。

通常、健康な肌は28日前後のサイクルで生まれ変わりを繰り返していますが、
何らかの要因でこのサイクルが乱れると、
角質が排出されず、肌トラブルとして表面化してしまいます。
ターンオーバーは加齢の他、紫外線やストレス、生活習慣などを
原因として乱れてしまいます。
また、首まわりの場合、アクセサリーの摩擦なども原因のひとつとして考えられます。
首まわりの小さいできものに悩んでいる場合は、これらのポイントを見直してみるのがおすすめです。

 

首イボには尿素とグリセリンを使った化粧水を試してみましょう

イボは見た目で目立つものなので気になる方も多いと思います。

特に首イボは人目に触れる場合が多く、また服に引っかかると痛い場合もあり悩みの種になります。


首イボができてしまったときは尿素とグリセリンを使った尿素化粧水を試してみてはいかがでしょうか。


尿素は肌の角質層に含まれる保湿成分です。高い保湿効果も役割のひとつですが、タンパク質を分解する働きも持っています。
そのため、かかとや肘の角質を柔らかくしてくれたりします。
一方首イボは古い角質成分で構成されていますので尿素での除去効果は期待できます。


尿素クリームも市販されていますが、こちらには注意が必要です。
何故なら顔や首周辺の皮膚は薄く、刺激の強いクリームを使用すると肌がダメージを受け荒れてしまうことがあるためです。


尿素化粧水は尿素とグリセリンと水道水を自分で混ぜて作ります。
使用する際は顔の場合は10倍に薄める、手足に塗る場合は5倍に薄めるなど調整が容易で使いやすいため便利です。


化粧水を実際に使用する際の注意点ですが、使用する前にテストをしてください。
腕の内側などに化粧水を塗りその上から絆創膏を貼り一晩おいてみて異常がなかったら使用すると良いです。

赤みやかゆみ、発疹などができ、どうしても肌に合わないようなら使用をやめましょう。
自分の肌に合わせて上手に使ってみてはいかがでしょうか。